<< 吟醸酒を味わう会in札幌 | main | 吟醸Bar 2009 >>

世界で評価される吟醸酒

皆さんこんにちは。
岩手県の南部美人五代目蔵元の久慈浩介です。
今回のブログは私の登板ということでアップさせていただきます。
日本でも吟醸酒は今や美味しいお酒の代名詞として広がっていますが、世界に目を向けてみるとどうでしょうか。

南部美人では現在18カ国への輸出をしております。
純米酒をはじめ、純米大吟醸まで様々なお酒を輸出しておりますが、そのベースとなるのが純米吟醸酒です。
アメリカ、イギリスはもちろん、遠い国ではブラジルや、アラブ首長国連邦のドバイにまで吟醸酒が輸出されています。

これらの吟醸酒は、高級和食レストランで日本食と一緒に飲まれており、アメリカやイギリスではこれらの吟醸酒を飲んでいるのは現地のアメリカ人やイギリス人が多く、特にアメリカでは「GINJO」という言葉はすでに日本のおいしいお酒の代名詞として広がっています。
NYでは、ワインのソムリエが日本酒を勉強し、フレンチレストランでも「GINJO」はワインリストに掲載されております。

さらに、アメリカでは日本酒を専門に販売する酒販店まで出てきました。サンフランシスコの「TRUE SAKE」、NYの「SAKAYA」など、その品揃えのメインは吟醸酒や純米吟醸、大吟醸、純米大吟醸といった高級なお酒を取りそろえています。これらのアメリカの日本酒専門店に来るお客さんはほとんどがアメリカ人で、家に持ち帰って家庭で飲む方々です。今まではレストランでの消費がメインだったアメリカで、徐々に家庭に吟醸酒が浸透しはじめてきていることに喜びを感じます。

NYのSAKAYA サンフランシスコのTURUE SAKE


世界では確実に吟醸酒が「GINJO」として広まっており、外国人たちが当たり前に「SUSHI」と言うように、「GINJO」という日が近いと感じています。
日本でもさらなる吟醸酒の普及をし、海外からくるお客さんに日本人が胸を張って吟醸酒を進められる時代にしていきたいと思います。
吟醸酒が世界をつなぎます。

at 08:15, nanbubijin, -

comments(1), trackbacks(0), - -

comment
酒屋販売員, 2009/11/28 12:51 AM

日本酒が世界で認められ、売れていけば、日本の強力な輸出産業となります。 でも、日本で2千円の酒が外国ではいくらで売っているのでしょうね。 日本でのドンペリと同じかな。 価格が高すぎるとキツイよね。

外国では、純米酒は醸造酒、本醸造酒はリキュール。

外国には本物の酒だけを売ってもらいたいね。










trackback
url:http://blog.ginjyoshu.jp/trackback/886267